WEB閲覧用ノートPCは使えるのか

毎日ノートPCでWEBに入っています。 みなさん、ノートPCを使うとすると、何をしますか?大半の方は「WEBを見る・文章を作成する」ぐらいだと思います。そんな方で8?10万もするノートブックを使うのは正直言って、お金の無駄です。何故かというと「そのパソコン本来のスペックを必要としない動作ばかり行っている」からです。つまりは宝の持ち腐れです。腐れるぐらいなら持たない・・という理論で話をすすめると、ネットブックを購入しましょう。ネットブックは、安い物だと1万円を切る価格で購入できます。では、そのネットブックの利点・欠点とは何なのでしょうか。

まず、ネットブックの欠点から。勿論、値段が安いので様々な部分が高機能PCに衰えます。まず、スピード。起動や動作が少し遅いです。そして、演算処理。高グラフィックを要するようなゲームも出来ません。コレだけ聞くと「なんだ、使えないじゃないか」と思うかもしれませんが、ネットを見る・文章を書く程度の作業だと、高機能の物となんら変わりないのです。つまり、自分の作業に最適化した値段のPCとも言えます。次に利点は「値段以上」という事。先ほども書きましたが、文章を書いたりネットを見る程度の作業では、なんら不便しないのです。つまりは、それだけだとハイスペックPCもネットブックも同じなのです。そう考えると、高いお金を払って買ったPCが無駄に感じてしまう程になります。みなさんも、ネットブックの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

Copyright (C)2019毎日ノートPCでWEBに入っています。.All rights reserved.