WEBアクセス、あなたはタブレット端末派?ノートPC派?

毎日ノートPCでWEBに入っています。 ここに来てタブレットが急速に普及し、WEBアクセスするだけならノートPCよりもタブレット端末がお手軽と言う声もありますが、いったいどちらが良いのでしょうか?私はどちらかと言えばノートPC派です。なぜかと言うとキーボードでの文字入力がタブレット端末の液晶画面上のキーボード入力よりもとてもやり易いからです。もちろん、慣れればタブレット端末の画面上のキーボードも苦では無くなるかも知れませんが・・・。

タブレット端末にも物理的なキーボードの接続は可能です。タブレット端末用のケースにキーボードが付属したものも販売されています。しかし、そうした使い方であればノートPCと同じであり、タブレット端末の利点であるノートPCよりもお手軽と言う点に曇りが生じると思いませんか?やはり、文字入力を多くするユーザにはタブレット端末よりもノートPCです。

WEBアクセスのために、タブレット端末かノートPCかと購入を考えている人がいたら、文字入力の頻度を考えてみることをお薦めします。もしブログ等の文字入力も目的だとしたら、主流のタブレット端末と同じぐらいのサイズ、10インチ〜12インチ程度の液晶画面を持つノートPCをお薦めします。私は今11.6型のノートPCを使用してこの文章を作成しています。例えばベットに寝そべって文章を書いたり、WEB閲覧をしたりする時は液晶画面が立てられ、ボディも安定しているので、とても見易く、キーボードも叩き易い。タブレット端末ではこうはいかないのでは無いでしょうか?是非参考にして下さい。

関連リンク

Copyright (C)2019毎日ノートPCでWEBに入っています。.All rights reserved.